泣く男 「アジョシ」の監督がチャン・ドンゴン主演で贈るノワール・アクション

【あらすじ】

犯罪組織に育てられ、殺し屋として生きてきたゴン。彼はいくつもの修羅場をくぐりぬけ、あらゆる殺しに対応できる超一流の殺し屋になっていた。だがある日、アメリカでの任務中に誤って幼い少女の命を奪ってしまう。ゴンは激しく動揺し、重傷も負ってしまったが、組織は非情にも少女の母親であるモギョンの殺害も命じるのだった。

【見どころ】

イケメン俳優ウォンビンを主演に迎え、まるで「アジア版レオン」のような傑作「アジョシ」を製作し、高い評価を得たイ・ジョンボム監督。今作は人気イケメン俳優チャン・ドンゴンを起用して、再び壮絶なノワール・アクションに仕上げている。

作品全体としては見ごたえ抜群で合格点。壮絶な銃撃戦はもちろん、肉弾戦やナイフでの対決シーンも緊迫感に満ちている。ラストの高層ビルでのアクションは「ダイ・ハード」を彷彿とさせる迫力だ。

ただ名作「アジョシ」を超えなければならないという意気込みが強すぎたせいか、見せ場を盛り込み過ぎている印象もあり。

ミッション遂行のために舞台は韓国に移るのだが、現地のヤクザ組織との対決だけでなく、ゴンが所属する組織のメンバーにも命を狙われるようになる。しかも彼らは超人的な強さを誇る3人で、彼らと現地のヤクザ組織が入り乱れるシーンは何でもアリのカオスのような状態に。

刺激的なアクションを盛り込み過ぎて、途中から刺激として感じにくくなってしまう惜しい1本だ。

  • 【監督】イ・ジョンボム
  • 【出演】チャン・ドンゴン/キム・ミニ/ブライアン・ティー/キム・ジュンソン
  • 【日本公開】2014年
  • 【原題】NO TEARS FOR THE DEAD
ページ先頭へ戻る