レッド・ファミリー 韓国の鬼才、キム・ギドク製作総指揮。北朝鮮工作員の悲哀をコミカルに描く

【あらすじ】

2013年、第26回東京国際映画祭観客賞受賞作品。
家族を装って韓国に滞在し、様々な任務を遂行する4人の北朝鮮工作員たち。彼らは喧嘩が絶えない隣人一家を「資本主義の限界」であると馬鹿にしていた。
だがその一家と交流するうちに、正直な気持ちをぶつけ合う彼らを羨ましく思いはじめてしまう。そんなある日、母国から隣人一家殺害の指令がきてしまい…。

【見どころ】

北朝鮮工作員たちの悲哀を「コミカルに」描き、笑って泣けることが今作の売りなのだが、その笑いの演出がイマイチであるため、少々退屈に感じてしまうかも。

隣人一家が突然訪問してきたために飾ってあった北の将軍様の肖像を慌てて外したり、北朝鮮の批判に対して反射的に反論してしまったり。これらの「笑わせるエピソード」で笑えれば良いのだが、どうにもこうにも笑えない。ただただ脇の甘い工作員が墓穴を掘っているようにみえてしまう。
特に隣人一家が常に喧嘩をしているという演出があまりにもしつこいため、スベり倒している舞台劇を観ているよう。

コミカルな要素を排してシリアスな「南北分断もの」にすれば、もっと見ごたえのある作品なったと思うが、それを言っちゃあおしまいか。

  • 【監督】イ・ジュヒョン
  • 【出演】キム・ユミ/チョン・ウ/ソン・ビョンホ/パク・ソヨン
  • 【日本公開】2014年
  • 【原題】RED FAMILY
ページ先頭へ戻る