母なる証明 ハッピーエンドかバッドエンドか?壮絶な母親の愛が招いた言葉にならない結末

【あらすじ】

舞台はとある田舎町。知的障害を抱える青年トジュンは、子どものように純粋無垢な心を持ち、街の住人たちに可愛がられていた。女手一つで必死に育ててきた母親にとって、トジュンは人生の全て。片時も目を離さずに身を挺して守ってきた。だがある日、女子高生が惨殺される事件が発生し、トジュンが容疑者として逮捕されてしまう。息子の無実を信じる母親は、自ら真犯人を探し始めるのだが…。

【見どころ】

気立てが良くて品のある母親が、息子を助けるために法すら犯す壮絶な犯人捜しを開始する。事件の確信に迫っていくミステリーとしてすでに見ごたえ抜群なのだが、全てがラストシーンのための伏線に思えてくる展開が凄いの一言。

昼夜を問わず、泣き叫びながら犯人に迫っていく母親。その愛の深さに感動すればするほど、息子トジュンのラストの一言に愕然としてしまう。
知的障害があるため、トジュンの真意は推測するしかない。そして母親も言葉を発することなく、美しい夕暮れの光りを浴びながら乱舞するのみ。2人の心理は観る者に委ねられてしまう。果たしてこれはハッピーエンドか。それともバッドエンドなのか?

子を持つ母親であればなおさら、しばし呆然とすること間違いなし。

  • 【監督】ポン・ジュノ
  • 【出演】キム・ヘジャ/ウォンビン/チン・グ/ユン・ジェムン
  • 【日本公開】2009年
  • 【原題】MOTHER
ページ先頭へ戻る