白夜行 -白い闇の中を歩く- 東野圭吾のベストセラーを韓国豪華キャストで映画化。14年に渡る哀しき愛の物語

【あらすじ】

ある日、前科のある男が殺害される事件が発生した。捜査を開始した刑事ハン・ドンスは、自らが担当した14年前の殺人事件と関係があることに気付きはじめる。やがて過去の殺人事件の容疑者の娘イ・ジアと、被害者の息子であるキム・ヨハンが捜査線上に浮かび始めるのだが…。

【見どころ】

冒頭から観る者の心を鷲掴みにする演出が素晴らしい。
BGMに白鳥の湖が流れるなか、イ・ジア役の美人女優ソン・イェジンが真っ白な肌を露出して男と愛し合っている。だがその表情はどこか冷めていて、若い男が誰かを殺そうとしているシーンに突如として切り替わる。白鳥の湖のボリュームが上がっていき、両シーンが果てる格調高い展開に今作への期待感がグングンと高まっていく。

その後の内容も見ごたえあり。過去の悲惨な経験を共有した2人の、歪んだ愛の形が明らかになっていき、様々な伏線が衝撃のラストへと収束していく。

ただ14年前の出来事も頻度高く差し込まれ、登場人物も多いため、注意深く観ていないと誰が誰なのか分かりにくくなるところは玉に瑕だ。

  • 【監督】パク・シヌ
  • 【出演】ソン・イェジン/ハン・ソッキュ/コ・ス
  • 【日本公開】2011年
  • 【原題】WHITE NIGHT
ページ先頭へ戻る