暗殺 豪華キャスト出演なのに駄作?祖国のために抗日運動に身を投じる暗殺チームの物語

【あらすじ】

舞台は1933年の朝鮮半島。日本からの独立を目指す韓国臨時政府は、日本政府の要人と親日派の実業家カン・イングクの暗殺を計画。そして戦闘経験豊富な狙撃手アン・オギュン、速射砲チュ・サンオク、爆弾職人ファン・ドクサムを招集し、暗殺チームを結成した。だがチームを組織した隊長のヨム・ソクチンが実は日本政府の密偵で、3人の殺害を画策していて…。

【見どころ】

これだけ豪華キャストが揃っているにもかかわらず、見事に期待を裏切ってくれる凡作。正直言ってつまらない。

猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンをメインに、「ハウスメイド」のイ・ジョンジェ、「哀しき獣」のハ・ジョンウなども出演しているのだが、どうにもこうにもつまらない。

致命的なのが韓国俳優が日本語を話すこと。
日本の要人役も韓国俳優が演じているので、長台詞を日本語で話すシーンが多い。韓国の方が鑑賞すれば、流暢な日本語に聞こえるのかもしれないが、日本人からすれば片言に聞こえてしまう。狙撃手を演じるチョン・ジヒョンの姉妹の名前が「満子(みつこ)」なのだが、「みちゅこ、みちゅこ」と連呼したり…。
当時の街並みや衣装を再現しても、この日本語が聞こえてくるとリアリティが消え去ってしまうし、映画をしっかりと観ていないと誰が韓国人で誰が日本人の役なのか分からなくなるかも。

戦闘のエキスパートであるはずの暗殺チーム3名の演出もおそまつな印象だ。
物語の冒頭では、いかに彼らが凄腕なのかを印象付けるアクションシーンがあるのだが、肝心の暗殺シーンでは凡ミスの連発。さらにコミカルな演出もことごとくスベっている。

でも最後まで観ることができたのはチョン・ジヒョンのおかげ。彼女の美しさだけはしっかりと堪能できる1本だ。

  • 【監督】チェ・ドンフン
  • 【出演】チョン・ジヒョン/イ・ジョンジェ/ハ・ジョンウ
  • 【日本公開】2016年
  • 【原題】ASSASSINATION
ページ先頭へ戻る